禁煙に成功する方法や効果を紹介|絶煙.jp

たばこをやめる方法について紹介する情報ブログポータルサイトです。喫煙者の歯やお肌の改善方法についてもアドバイスしています。

電子タバコVAPEはどこで売ってる?販売している取扱店について

url

徐々に広まってきている電子タバコ(VAPE)。喫煙所などで見かけるようになり、自分も試してみたい方も増えているでしょう。

そんな方に電子タバコはどこで購入ができるか。販売している取扱店について紹介します。

販売している取扱店

ドンキホーテ

zr9QECn3

品揃え☆★★★★
お得感☆☆☆☆★
安全性☆☆☆★★

激安の殿堂ドンキホーテ。
こちらには1000〜2000円で買えてしまうような安い電子タバコを取り扱っています。

ただ、安かろう悪かろうで、全くメジャーでないようなブランドの物を売っており、購入した人からの口コミも悪いことからあまり購入するのはオススメしません。

「どうしても、すぐにほしい!」「電子タバコがどんなものか試してみるだけ」という人は買ってみても良いかもしれません。

電子タバコ専門ショップ

vape-shop-boston-30

品揃え☆☆☆☆☆
お得感☆☆☆★★
安全性☆☆☆☆☆

電子タバコ自体がまだ、日本で流行りつつある段階なので電子タバコ専門ショップは都会に多く、地方には少ないという傾向があります。

それでも、地方都市には存在する場合もあるので、ネットで調べてみましょう。
「町名+電子タバコ」や「町名+電子タバコ+ショップ」なんかで検索すれば出てくるでしょう。

残念なことに、地方にあったとしても競合するショップが少ないからか、定価より高い料金で販売している場合があります。ネットで販売している料金と見比べてみるのも良いですね。

専門ショップで購入する際の注意点

ニコチンが入ったリキッドは薬事法で国内販売ができないきまりになっています。
もしも、売っているショップがあっても、くれぐれも購入はしないようにしましょう。

もしもニコチン入りリキッドを購入しようと思う方は個人輸入という形で購入できるのでこちらをご覧ください。

通販ショップが便利で豊富な種類がある!!

01

品揃え☆☆☆☆☆
お得感☆☆☆☆★
安全性☆☆☆☆☆

現状、一番良い方法は通販を利用しての購入です。

送料がかかるというデメリットがありますが、家にいながら豊富な種類のリキッドや電子タバコ本体を見比べることができて便利です。

購入は日本の通販ショップで

「電子タバコ+通販」なんかで調べてると様々な電子タバコ取扱店が出てきます。

中には中国人が運営している通販ショップが存在しますが、購入はオススメしません。
注文したのに届かない、届いてもすぐ壊れる、体への安全面にも考慮されていないといったトラブルが起きやすいからです。
しかも、保証などサポートが行き届いていないことも多々あります。

人気の電子タバコ(VAPE)取扱店

電子タバコといえば、たまにニュースでも出てくるような体への害が気になるという方も多いはず。
毎日、体の中に入るものだから気になって当然ですよね。

そんな方にもオススメできる安全検査をクリアしている人気の電子タバコ取扱店を紹介します。

1.Frienbr(フレンバー)

シンプルで使いやうい電子タバコを販売しているショップです。
人気のフレーバー(香り)が多くリラックス効果のあるものや、メンソール製品も取り扱っています。
ちなみに取り扱っているリキッド(液体)は全て日本製で原産国証明書が付いているので安心です。



【Frienbr 公式ページ】

そんなフレンバーのネット上での口コミや評判はこちらの記事で紹介しています。

2.eTabaco(イータバコ)

ドイツの安全規格団体である「TUV」の厳しい基準をクリアした電子タバコのみを取り扱うショップです。

「iKiss」や「eRoll」シリーズ等、電子タバコの知識があまりなくても使用ができる商品ラインナップが多く、問い合わせなどのサポートも充実しているので電子タバコ初心者でも安心して購入できるショップです。




【eTabaco 公式ページ】

電子タバコ販売店、eTabacoのオススメ商品などはこちらで紹介しています。

3.JPvapor(ジェーピーベポ)

アメリカでは1年の電子タバコの売り上げが10億ドル(約9900億円)とも言われる程の人気です。そのアメリカで普及した実績のある製品を取り扱う有名ショップです。
リキッド(液体)やベポライザー(器具)についてはアメリカ、日本で厳しい検査を実施しているので安全性を保証されています。

電子タバコのデザインがオシャレでカッコいいので見た目にこだわりたいという方は一度覗いてみては!


【JPvapor (ジェーピーベポ)公式ページ】

電子タバコメーカーJPvaporの購入のポイントはこちらで紹介しています。

まとめ

まだまだ普及率が悪い電子タバコVAPEは実店舗の数が少なく、あっても都市圏に固まっている印象なので田舎へ行けば行く程、手に入りにくいです。

そんな時に活用したいのがネット通販です。少々、送料がかかるデメリットはありますが家にいながらでも手に入れることができますので、ぜひ活用してみて自分に合った電子タバコを手に入れてください。

 - 電子タバコ , , ,

禁煙のための本を無料で配布することにしました。

どうしても禁煙できないので、どうにかしたい!!というお声を多数頂いたので「脳を制御して禁煙する方法」という本を執筆しました。
総ページ100ページ以上の大ボリューム電子書籍です。

是非あなたの禁煙にお役立てください。

Comments

記事を読んでの感想や質問がありましたら、些細な事でも構いませんのでコメント欄にお書きください!
このサイトをご覧頂けた方に少しでも役立つようなサイトにしたいと思っていますので、皆様のお声をこれからのサイト制作に生かしていきます。

コメントを確認次第、回答致します。

コメントを残す

  関連記事

237
ニコチン入りの電子タバコのリキッドを個人輸入する方法

電子タバコを吸って禁煙をしてみたものの、ニコチン入りじゃないとやっぱり物足りない …

2017y03m31d_235703576
Frienbrフレンバーで爆煙は楽しめるのか?煙が多いCLOUD17を紹介

なんとなく女性的なイメージの電子タバコメーカーのFrienbrフレンバー。 そん …

pp0fk6za
JPvapor(jpベポ)の販売店は?楽天などオススメの購入ショップを紹介

電子タバコの本場アメリカからやってきたJPvapor(jpベポ)。 デザイン性が …