電子タバコの洗い方は?気になるメンテナンス方法について

電子タバコが壊れないようにするには定期的なメンテナンスが重要です。

そうはいってもどうやってメンテナンスして良いか分からない、機械だから何となく水を使うのは怖いなと感じている方へ電子タバコを長く使用するための洗い方等、メンテナンス方法、注意点を紹介します。

アトマイザーの洗浄

jpvapor_t3d_pure.055646968acffc

 JPvaporアトマイザー

アトマイザーとは、リキッドを加熱して煙を作る箇所です。
長く使用すると、このアトマイザーにリキッドの焦げ、汚れが付いてしまい、煙が出にくくなったり、味が変わったりしてしまいます。

そんな状態で電子タバコを使用し続けるとアトマイザ部分を痛めてしまいます。
そこで定期的なアトマイザーの洗浄が必要になります。

この動画が分かりやすいので参考にしてみて下さい。
構造は電子タバコによって異なりますが大体の電子タバコが以下の流れになります。

アトマイザー洗浄手順

①まずは電子タバコ本体からアトマイザーを取り外してリキッドが残っている場合は出してしまいます。

②その後に、ぬるま湯(40度くらい)につけます。ある程度きれいになったら、取り出しキッチンペーパー等で水気を切ります。

③あとは元通りに組み立てをするだけです。

この手順で洗浄を2週間に一回のペースでメンテナンスするのが良いと言われています。
管理人は面倒臭がりなので1ヶ月に1回程しかメンテナンスできていませんが…

コイルの交換

picture

電子タバコのアトマイザーにはコイルという部品がついています。
このコイルはある程度使用すると交換が必要になります。

交換の時期の目安

具体的には

  • リキッドの色が茶色っぽく変わる
  • 味も美味しくなくなる
  • 煙の量が減ってきた

このような症状が出てきたら交換のサインです。
ヘビーユーザーの人で3〜4週間程で交換が必要になります。味が変わったりリキッドの色がおかしいなと思ったら交換するようにしましょう。

コイルの値段は

コイルの値段は1つ200〜500円です。

ネットで購入する場合、まとめて購入した方が送料分がいらなかったり得な場合が多いのでまとめて購入するようにしましょう。

コイル交換の際の注意点

電子タバコ初心者の方によくありがちなのがコイル交換をした後にすぐに使用してしまう事です。
すぐに使用してしまうと内部が焦げ付いてしまいます。

最低でも15分はリキッドを染み込むのを待ってから使用するようにしましょう。

まとめ

慣れてしまえばアトマイザー交換もコイル交換も数分でできるようになります。
定期的なメンテナンスをするようにして電子タバコライフを楽しんでください!

歯のヤニを取る方法について


リクエストが多かった歯のヤニを取るグッズについて歯科医師監修の元、ランキング形式で紹介します。
あなたのホワイトニングにお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。